デザインツール基本機能(画像&テキストの追加)

 

 

詳細についてのビデオ(英語)をご覧になりたい場合は こちらをクリックしてください。

 

Zazzle商品にデザインを加えるのは決して難しくありません。

誰もが持っているようなありきたりの商品ではなく、あなただけのオリジナルをご自身用にはもちろん、大切な方へのギフトとして手に入れましょう。Zazzleではマーケットプレイス上のあらゆる商品のカスタマイズをお楽しみいただけるよう、簡単で直感的なオリジナル作成機能をご用意しています。

Zazzle商品の作成は画像やテキストの追加からスタートします。

 

画像の追加(あなたのZazzle画像からアップロードまたは選択)

「画像を追加」ボタンをクリックし、画像を商品に適用してください。複数のオプションがございます。

designtool1.JPG

マイイメージ: お客様のZazzle画像ライブラリ(ログインが必要です)から画像、またはアルバムをお選びください。このオプションでは保存画像セット、さらに個々の画像が最も新しく追加された順に表示されます。*

Googleドライブ: Googleドライブ上に保存した画像からお選びください(そのアカウントへのログインが必要です)

Instagram: お客様のInstagramフィードに保存した画像からお選びください(そのアカウントへのログインが必要です)

マイコンピュータ: お客様のハードドライブからアップロード、もしくはドラッグ&ドロップしてください。ログイン時に画像をアップロードされると、その画像は自動的にあなたの画像ライブラリに保存されます。この方法でデザインに画像を加える場合はお客様のコンピュータからZazzleサーバーに画像ファイルを送ることになります。アップロードにかかる時間は画像ファイルサイズやお客様のインターネット接続スピードに応じて異なります。大きなサイズ画像の場合(1MB以上)は高速通信(DSLなど)では数秒、遅い接続(28.8Kpbsモデムなど )で5分ほどかかります。 

designtool2.JPG

*商品に使用可能な画像のコレクションを作成する便利な手段として、マイアカウント画像の管理では一度に10画像をアップロードすることができます。

画像のアップロードに問題がある場合はこちらもご覧ください。

画像ツールの基本機能

画像のサイズは縮尺ボタンで変更できます。またはデザイン画像のコーナーをドラッグしてもサイズを変更できます。

 scale.png

ツール設定部分のガイドライン表示にチェックを入れられることをおすすめいたします。これにより、あなたの画像やデザインがどのように印刷されるかを確認することができます。デザインは緑の点線のセーフライン内部に収めるようにしてください。 セーフライン外の部分は印刷の際に切れてしまう恐れがあります。

青い線のプリントラインで画像のトリミングが行われます。

赤い線はブリードラインです。トリミングの際に白いボーダーが残ってしまうのを避けるため、背景色やデザインをこの線まで伸ばしてください。

guidelines_safe_print_bleed.png

特殊なフィルターをかけることもできます。

 filter.png

画像を切り抜きすることもできます。

crop.png

アートビュー内部では画像のフィットまたはフィルを選ぶことができます。フィルは画像をブリードラインまで引き伸ばし全体を埋めます。フィットは長い部分を縦または横のプリントラインまで引き伸ばします。

フィットまたはフィル機能使用前の画像: 

fitfill01.png 

 フィル機能:

fill.png

フィット機能:

fit.png

デザイン上の回転ツール(「ドラッグして回転」部分)を使い画像を自由に回転させることができます。

rotate.png

もしくは下部の回転ツールから特定の回転パーセンテージを指定することもできます。

 rotate02.png

画像を小さくし、背景を失った場合は画像をタイル化することができます。 

 tile01.png

ベーシック、ハーフブリック、ハーフドロップ、ミラーなどのタイルスタイルからお選びください。

tile02.png

「...更に見る」オプションから白を透明として表示することもできます。ご自宅のプリンター同様に、Zazzleのプリントシステムが白い部分を除いて印刷を行います。このオプションをお選びの場合はあなたのデザインの白い部分は印刷される商品のカラーになります。

transparent01.png

白を透明として表示する例: デザインの白い部分は緑色のTシャツカラーとなっています :

transparent02.png

デザインに新たな要素を加えたい場合は表示されるレイヤーの順番を変更することができます。レイヤー順から 「レイヤーを背後に移動」できます。

layer01.png

もしくは右のデザインリスト部分からドラッグ&ドロップでレイヤー順を変更することもできます。

 layer02.png

揃えを見ていきましょう。例のような6つの異なる丸いカラーデザインを均等な感覚で並べたいとします。

align01.png 

コントロールキー(Ctrl)を押しながら右のデザインリストをクリックしてグループにまとめます。その上で縦揃えまたは横揃えをお選びください。

align02.png 

上、中央、下、右、中央、左揃えからお選びください。ここでは縦中央揃えとなっています。

 align03.png

 さらに均等に間隔をあけることができます。

 align04.png

「...更に見る」オプションではさらに便利な機能があります :

オブジェクトをロックするでは他の方によるオブジェクトのカスタマイズを妨げることができます  (商品の出品過程ではカスタマイズが可能な商品についても同様です)。

テンプレートオブジェクトにするは他の方が簡単にコンテンツを加えられるようにテンプレートを作成するアドバンスツールです。この機能の詳細についてはこちらをご覧ください。

 lock.png

テキストの追加(画像ファイルをアップロードまたはテキストツールに入力)

テキストはjpeg画像ファイルとしてアップロードすることもできます。

text01.png 

もしくは上部のテキストツールを使ってお好きなテキストを入力することもできます。

text02.png 

フォントを変更することもできます。

fonts.png 

カーニングでは各文字の間隔を選ぶことができます。

 kerning.png

新しいカラーを選ぶことができます。

font_color.png

フォントサイズを変えることができます。

font_size.png

テキストの並びをにすることもできます。

vertical_text.png 

もしくは上または下のカーブ状にすることもできます。

 curved_text.png

カーブの角度を変えることもできます。

curved_font_02.png

デザイン配置を確認する上でグリッドラインを表示することができます。

gridlines.png

デザインを商品の中央に配置したい場合は、矢印キーパッドの中央をクリックすると画像/テキストが自動的にアイテムの中央へ移動します。矢印を使って上下左右へと移動することもできます。

center.png

デザインツールのスナッピング

スナッピング機能で、あなたのオブジェクトをキャンバス上の縦や横の中央に、またオブジェクト同士を揃えることができます。ツール設定ボタンからガイドライン、グリッドライン、スナッピングの機能をオン/オフすることができます。

キャンバス/デザインエリアの中央にスナップ

簡単に中央に配置ができるよう、あなたのオブジェクトをデザインエリアの横または縦の中央にドラッグする際赤い線が表示され、オブジェクトがラインへスナップされます。

snapping_tool_01.png 

オブジェクトへスナップ

あなたのキャンバス上の他のオブジェクトと揃えるためにオブジェクトをドラッグする際、緑の線が表示されます。サイズ調整の際にも使用できます。

snapping_tool_02.png 

ツール設定:

スナッピング機能はツール設定ボタンから簡単にオン/オフが可能です。ガイドライン、グリッドラインもこの設定ボタンから確認できます。

toolbar.png 

シェイプツールの基本機能

シェイプ機能により、あなたのデザインに次の形を加えることができます :

  • 直線
  • 四角

直線については、線のカラーや太さを変更することができます。四角と円については、フィルカラー、ストローク/アウトラインカラー、太さを変更することができます。シフトキー(shift)を押しながらコーナーをドラッグするとこれらのベクター画像のアスペクト比を維持して、ピクセル化されることなく、サイズを変更することができます。 

これらの形はベクターパスで、ぼやけたりピクセル化することなく、思い通りにオブジェクトのサイズを変更することができます。この機能は現時点ではデスクトップのみでご利用いただけます。

 shape.JPG

  shape2.JPG

形を選び、フィルカラー、ストロークアウトラインを以下のように編集できます。

shape3.JPG

shape4.JPG

画像についてよくある質問: 画像フォーマット、カラープロファイルスペックなど

画像の作成やフォーマット、スペックなどデザイナー様向けの情報についてはこちらをご覧ください。

Zazzle全商品のガイドファイルについてはこちらをご覧ください。