商品作成上の5ヒント

Zazzleでは何万ものカスタマイズ商品をご用意しており、当然ながらそれぞれが異なるデザインの形、サイズとなっています。ここではあなたのデザインがお選びになった商品上に正しく、美しくフィットするためのヒントをまとめています。以下のデザインツール上の機能をご確認の上、お望みのカスタム商品を作成してください。

#1. デザインが商品の形で隠れてしまっていないかを確認する

商品上にデザインを配置する際、商品の形に従ってそのデザインが隠れてしまったり、切れてしまっていないかどうかを確認してください。デザイン配置には矢印とともにフィットやフィル機能もぜひ活用してください。商品用デザイン(英語)ブログポストの例も参考になさってください。

01.png

 

02.png

  

#2. 画像がセーフプリントエリア内にフィットするかを確認する

デザインツール下の左、アートビューオプションで、セーフプリントエリアをご確認ください。青いラインがデザインのセーフプリントエリアとなります(緑のラインはテキストのセーフプリントエリアとなります)。このエリア内からはみ出ているデザイン部分は商品上に印刷される際に切れてしまう恐れがありますので、重要なデザイン要素は必ずこのセーフプリントエリア内に収めるようにしてください。ただしパターンデザインのような継続デザインの場合はカッティングの誤差によりプリントラインに余分な空白ができてしまうのを避ける上で、赤のブリードラインまでデザインが届くようにしてください。

03.png

 

#3. 必要でない空白部分が残っていないか確認する

ホワイトの部分を商品上に意図的に残す場合を除き、商品上の空白部分はデザインが未完成の印象を与えます。デザインツールのフィル機能を使うか、背景カラーを加えてより完成されたデザインに仕上げましょう。

04.png

 

05.png

 

#4. 商品の全スタイル上のデザインを確認する

デザインをされている商品内で利用可能な全てのスタイルオプション上で、それぞれ商品内にきちんとデザインがフィットしているかどうか、仕上がりを確認しましょう。例えばスマートフォンケースではデバイスタイプの下に、スタイルオプションメニューがあり、それぞれのスタイル上でご希望通りのデザインに仕上がっているかをチェックしてください。

 

06.png

 

07.png

 

#5. 画像エラーメッセージの警告に従いデザインを見直す

せっかくの美しいデザインも鮮明さに欠けたり、ピクセル化されていると商品としての魅力が落ちてしまいます。そのため300dpi以上のできるだけ高解像度の画像をデザインに使用されることをおすすめいたします。商品化した際に不鮮明となると考えられるデザインについては右上にエラーメッセージが表示されますので、その都度デザインを見直してください。

08.png